スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 EDIT  

Hey Hey Hey (Pop Another Bottle)

関連タグ:洋楽/男性/Laurent Wery 洋楽/男性/Swift K.I.D 洋楽/女性/Dev
Hey Hey Hey


 今日は、オーストラリアのARIAチャートで2位に急上昇したLaurent Weryの「Hey Hey Hey (Pop Another Bottle)」について。ベルギーのDJである彼は、この曲で有名になったようで。客演はSwift K.I.DとDev。

 元々は2010年にベルギーでダウンロードシングルとして発売、その時はSwift K.I.Dだけだったんですが、2011年の夏にDevを更に迎えて発売、んで今ようやくオーストラリアで2位という息の長~い(というか浸透するまでに長~くかかってる)曲なのであります。ちなみに、Devなし時代のMVが低予算ながら2種類あるので、上のも合わせると全部で3種類MVが存在してます。どうしてそんなに頑張ったw (動画はこちらの2つです→MV1 / MV2

 パーティソング以外の何物でもなく、なーんも考えずトラックを楽しむ一曲という感じですね。夏に合いそうだな~と思ってたんですが、よく考えたらオーストラリアは今夏か!そう考えるとヒットしてるのも納得。カナダのラッパーとアメリカのシンガーとベルギーのDJの曲がオーストラリアで大ヒット。ワールドワイドですなあ。
.02 2012 洋楽MV comment0 trackback0 EDIT  

In The Dark

関連タグ:洋楽/女性/Dev
Dev


 Far East Movement「Like A G6」での客演で彼らと共に一躍有名になったDev。元々プロデューサーであるThe Cataracsが発掘したので、基本彼らとセットでの活動が多いです。この曲「In The Dark」ももちろんそう。

 彼女の曲はかなり癖が強くて、賛否両論がはっきり別れることが多いんですが、今作もばっちりそんな感じです。ただ、前作「Bass Down Low」よりもヒットの兆しが強い(現在ビルボードTop100で28位と上昇中)のは、サックスの音が効果的に入ってキャッチーさがプラスされたからなんじゃないかな~と個人的には思ってます。少なくとも自分はそれで気に入ったw Alexandra Stanの「Mr. Saxobeat」がUSでもじわじわヒット中なのを見ても、サックスってうまく使うとすごく耳に残るんですよねー。

 さて、MVの方ですが相変わらずダークな感じで。黒い手がすごい…これ遠くの方とかはCGですかね?本物だったらすごいな~。とりあえず胸と股間担当の手達は役得ですねw そこまで歌がうまいわけでもなく、もの凄く可愛いor綺麗というわけでもない彼女ですが、彼女らしいなんともいえない独特な雰囲気があるのも事実。まだ22歳という事にもびっくりしちゃいましたが、発掘したThe Cataracsの2人はすごいですね。

 featuringでのゲスト参加も、先日JLS「She Makes Me Wanna」でUK1位を獲ってますし、完全に波に乗った状況でこの曲がどこまで行くか楽しみです。
.11 2011 洋楽MV comment0 trackback0 EDIT  
 HOME 

CalendArchive

アーティストタグ

検索フォーム

プロフィール

B

Author:B
洋楽邦楽ジャンルを問わず(洋楽多め)
気に入った曲について書いています。
歌って踊れるアーティスト好き。
Hip-Hop,R&B,Rock,PopにElectro,Countryまで
新しモノ好きなので最新のチャートをよく見てます。

ツイッター:
https://twitter.com/Rangda_Barong
Last.fm:
http://www.lastfm.jp/user/usa-b
お気軽にどうぞ~。

最近買いました

Ne-Yo 「R.E.D.」
Jason Aldean 「Night Train」
The Script 「#3」
Lupe Fiasco 「Food & Liquor 2: the Great American Rap」
P!nk 「Truth About Love」
Dappy 「Bad Intentions」
Calvin Harris 「18 Months」

RSSリンクの表示

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。