スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 EDIT  

Turn Me On

関連タグ:洋楽/男性/David Guetta 洋楽/女性/Nicki Minaj
Turn Me On


 Nikki Minaj×David Guettaの組み合わせで出来上がった楽曲「Turn Me On」のMVがついに公開。アルバムの中でも結構人気のある曲だったので、楽しみにしていた方も多かったのではないでしょうか。

 曲はおなじみEster DeanにGuettaとGiorgio Tuinfort、ラップ部分はNikkiが書いているようです。てかGiorgio Tuinfortは今回のアルバムのうち「I Just Wanna F.」以外全ての曲に関わってますねー。Guettaの右腕的存在?とまあそれはさておき、前にもちょっと触れたけど、この曲ぶっちゃけNikkiほぼ全部歌ってますよね。ラップ部分みじか!そのことが"ほほ~歌えるんだ!"という層と"セルアウトしやがって!"という層に見事真っ二つに割れている感じ。個人的にはNikkiの歌はほどよくpopで好きなんですけどね。「Stupid Hoe」はちょっと無理でした…(;一_一)

 そして肝心のMVですが、うーん、期待しすぎたかな…?凄く丁寧に作られてて、世界観というか雰囲気はとても良く、お金もかかってるな~と思うのですが、なんというか盛り上がりどころが無くさらーっと"あ、終わりか"みたいな。あのマネキン人間たちは一瞬見ると"全部CGとか作り物?"って感じですが、かぶりもの+タイツ的なもの(男は上半身は裸、女は全身タイツ)でちゃんと中身は人間ぽいですね。ラップ部分で出てくる裸の男どもの股間を見るとちょっと素材が伸びててわかりやすいw あとは、Guettaの皮がひっぺがされるところのマネキン人間たちはかぶりものをせずメイクだけかな?なぜかあのシーンだけ顔がちゃんと人間ですね。個人的には、マネキンカップルの男がNikkiに見惚れて女がプンプン、みたいなシーンが地味に好きです。芸が細かいねw

 総括すると、"もったいないな~、これだけの素材を"という感想でした。MV監督がNellyの「Just a Dream」と同じ人と知って、(マイナスの意味で)少し納得しましたけど…。Guettaのマッドサイエンティスト風も合ってるし、Nikkiのゴスっぽい格好も似合ってるのにねえ。それにしてもNikkiってほんと日本の女の子のファッションと親和性高いですね。本気のゴスロリとかも平気でいけそう。アラサーだけどw
.01 2012 洋楽MV comment0 trackback0 EDIT  

Where Them Girls At

関連タグ:洋楽/男性/David Guetta 洋楽/男性/Flo Rida 洋楽/女性/Nicki Minaj
David Guetta


 リリース自体は結構前にされていたんですが、ようやくMVが公開されました。David GuettaがNicki MinajとFlo-Ridaを迎えて放つ「Where Them Girls At」です。豪華な顔触れですね~。8月末に発売予定の新アルバム「Nothing But the Beat」からの1stシングルとなります。

 さて、曲自体はいつものGuetta節全開ですね。本人の佇まいといいプロデューサー色が強い所といい、昔の小室哲哉をちょっと思い出してしまいました。まあクラブDJなんだから曲調がピンポイントで狭いのは当たり前なのかもしれないけどw 好きな人にはとことんツボにはまるでしょうが、ブームが過ぎた後の事を考えると大変ですねえ。

 そしてようやく公開されたMVですが…正直ちょっと拍子抜け、かな?メンツの割には意外と薄味な感じになってます。泡を割った人の動きがすごいことになってますが、ダンスとはちょっと違う無理矢理動かされてる感じがしますね。そして個人的な見どころはやっぱりやってくれたNicki。"なんだか得体が知れないヤバそうな泡だな…"と思って見てたら、まさか食うとはw 思わず"何食ってんだよ!"と笑ってしまいました。でもそれぐらいしかほんと印象に残った所がなかったなー。曲も悪くはないんだけど何かあと一歩足りない感じもするし、今回はもしかしたら苦戦するかも…?

 前作の「One Love」がかなり良くてずっと聴いていたので今作も楽しみではあるんですが、今回は「○○盤」は少なめにしてシンプルにお願いしますよゲッタさん…
.04 2011 洋楽MV comment0 trackback0 EDIT  

Super Bass

関連タグ:洋楽/女性/Nicki Minaj
Super Bass


 Nicki Minajがアルバム「Pink Friday」から5枚目のシングルカットを出しました。まだまだ粘ってきますねえ。今回はデラックスエディションに収録されていた「Super Bass」です。

 Nicki史上でもかなりPOPに振り切った感じの曲になってます。ソングライティングにはこないだも名前が出たEster Deanが関与、コーラスとしても参加しているようです。Nickiが客演で注目され始めた時は、『こいつちょっとヤバいんじゃないか』ぐらいの強烈なキャラとラップだったんですが、最近シングルを切ってきてる曲を見るとどんどんポップ方面に行ってますね~。ゴリゴリなラップが好きな人にとってはちょっと物足りないんじゃないかなあと思う今日この頃です。まあ個人的にはこのくらいPOPな方がとっつきやすくて好きなんですけどね。ぶーんばどぅーんぶんぶーんばどぅーんぶんばーす♪

 曲がPOPならMVもPOPで、相変わらず原色&蛍光色大好きな感じの色遣いとなっています。もはやピンク髪でも違和感を感じないレベルになってきました。慣れとは恐ろしいもんです。あんまり映らないんですが、ダンサーさんにアジア系の方がいますね~。1分くらいのところで腰をクネクネしながらしゃがんでいくコレオがあるんですが、難しいんでしょうけど、ぎこちなさ過ぎてちょっと笑ってしまいました。もちょっと頑張れw 後半のブラックライトを使った演出は時々見かけますが、なんだか一昔前のヤマンバギャルを思い出しますね。懐かしい~。
.18 2011 洋楽MV comment0 trackback0 EDIT  

Moment 4 Life

関連タグ:洋楽/女性/Nicki Minaj 洋楽/男性/Drake
moment 4 life

 最近では女性ラッパーはこの人の一人勝ち状態と言えるでしょう、Nicki Minajの新作「Pink Friday」からのシングルカット4枚目「Moment 4 Life」について。このところfeaturingで引っ張りだこな上に、このアルバムの1st先行シングルが結構前に出ているので、もうず~っとその姿を見ない時はないような感じです。とにかくキャラがぶっとんでて、見た人にとてつもないインパクトを与えていくNickiですが、素顔は意外と可愛い物好きらしいですね。Harajukuダイスキーを公言しており、ファッションセンスも原色蛍光キラキラ大好きな感じです。そして更に意外にクリスチャンらしい?キリスト教の許容範囲の広さに脱帽。

 そんなNickiの嗜好に沿ったのかどうなのかわかりませんが、この曲のMVはメルヘンなディズニーっぽい世界観になっています。最初の1分半はNicki同士の小芝居がこれでもかと繰り広げられてますね~。でもイントロが結構綺麗に入ってくるので、一気に曲に引き込まれる感じです。個人的にNicki名義で出した曲の中では断トツで好きです、これ。そのせいか、Drakeがイケメンに見えてしまう不思議w Rihannaの「What's My Name?」の時よりも痩せたっぽいのもあるからでしょうかね~。NickiとDrakeの並びは、2人とも格好良く&可愛く見えて良いですね。

 いつも明るく見えるNickiもアルバム発売前には「売れなかったらどうしよう…」と夜も眠れない日々が続いたらしいですが、好調好調!もうすぐ100万枚も突破しそうな勢いです。この勢いで原宿にも一度遊びにおいで!見に行くから!(←おい)
.06 2011 洋楽MV comment0 trackback0 EDIT  
 HOME 

CalendArchive

アーティストタグ

検索フォーム

プロフィール

B

Author:B
洋楽邦楽ジャンルを問わず(洋楽多め)
気に入った曲について書いています。
歌って踊れるアーティスト好き。
Hip-Hop,R&B,Rock,PopにElectro,Countryまで
新しモノ好きなので最新のチャートをよく見てます。

ツイッター:
https://twitter.com/Rangda_Barong
Last.fm:
http://www.lastfm.jp/user/usa-b
お気軽にどうぞ~。

最近買いました

Ne-Yo 「R.E.D.」
Jason Aldean 「Night Train」
The Script 「#3」
Lupe Fiasco 「Food & Liquor 2: the Great American Rap」
P!nk 「Truth About Love」
Dappy 「Bad Intentions」
Calvin Harris 「18 Months」

RSSリンクの表示

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。